【痛】腰椎椎間板ヘルニア・・・(´Д` )

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい、ヘルニア持ちのkooです。
 
ちょっと、いろいろありすぎました。
名称未設定-3
 
画像は・・・・のちほど解説。
 
昨晩は、プロジェクトの暑気払い。
30名ほどの大所帯で、ビアホールで飲んでいました。
 
どのくらい飲んだかなぁ。ハイボール濃いめで5杯くらいだったかな。
 
その晩は、ホテルを取っていたので、帰宅しなくてもいい。
という気がありましたし、当然のように二次会へ・・・・。
 
おしゃれなバーです。こちらは8名。
 
途中で、トイレに立ちました。
椅子から立ち上がった瞬間に、「あ、ダメだ」クラスの腰痛。
でも、尿意の方が強いので、トイレに。
 
立って済ますことができる状態の腰ではなかったので、
ズボンを脱いで便座に座った・・・・。
 
そこで、たぶん 意識失ったようです。痛みで。
 
あ、戻らないと!
 
と思って、 
 
パンツが履けない。
ズボンのポケットに携帯を入れていたのですが、
じつは、着信が。
同じ2次会に参加した所属先会社の方から。
 
あとで、聞くと。
「あまりにも、戻ってこないので心配して、電話した」とのこと。
ここで、自分がトイレで意識喪失してたことを把握しました。
 
痛みが猛烈ですが、パンツ履けないまま出ていく事はできないので、
大汗かきながら、パンツとズボンをはいて
手洗い場まで何とか移動して、電話をくれた方に電話しました。
 
「腰痛ひどくて、トイレのカギを開けますから、助けてください」
 
すぐに飛んできてくれました。
 
トイレの手洗い場で、全体重をシンクというか、手洗いボール?に掛けて
滝のような脂汗をザーザーながして、痛みに耐えている姿は
強烈なインパクトだったと思います。。。。
 
そこからは、私も気が動転してしまって。
 
「駅前にホテルを取ってあるから、そこまで行ければ、痛みどめでなんとかなります」と
言ったものの、飲んでいた店は階段でのみアクセスできる地下の店舗。
※息も絶え絶えで、伝えたのは覚えています。
カバンを持ってきてくれたので、中を漁って、ロキソニン2Tをそのまま投与。
 
肩を借りて、タクシーに乗り込んで予約してあるホテルの名前を運転手につげるも。
 
同行してくれた会社の方が、
この状態はやばい
 
「運転手さん! 救急病院しりませんか?」と。
 
運転手は、分からない。
 
その瞬間には「119番するね。もう、掛けてるから」と。
 
・・・・・仕事速すぎですよ(ノД`)
 
タクシーの中から救急車を要請する。
それも、要請されて救急車に乗るのは私。もう、おかしい。
 
タクシーを道路脇に寄せてもらって、すぐに救急車は来ました。
 
タクシーから救急車に乗り換え・・・。
 
救急病院へ。
 
会社の方が、私の家にも電話して、妻と会話してくれました。
 
そんなわけで、病院着も
救急で混んでいるw
 
ストレッチャーに乗せられたまま、30分ほど待つことに。
救急隊員に申し訳なくて、「そこのベンチに降ろしてもらえば大丈夫なので戻ってもらっていいです。
と、伝えるも
医師にきちんと引き渡すまでが仕事です。」だそうです。
 
飲んだロキソニンが効いてきたのか、痛みで朦朧としていた意識が、ほぼ正常に戻ってきました。
 
会話した内容もこのあたりは、けっこう鮮明に覚えています。
店のトイレが一番ひどかったです。
記憶もあいまい。痛みレベルは、過去にないレベルでした。
正直、命の危険はないヘルニアだろうけど、このまま死ぬんじゃないかと思えるくらいの。
 
医師にようやく診てもらえたが、内科医。
 
まじですか(ノД`)
 
タクシーに乗りさえすれば、帰れるから、そうしてほしい。
と伝えるも
 
一番心配してくれるのは、会社の方。
 
「病室空いてたら、入院させてもらうべき。何が途中であるか分からないし。」
 
当然と言えば、当然ですよね。
 
そんなわけで、入院することになりました。
 
それで、さきほどの画像です。
名称未設定-3
今朝発行された、私の入院診断書
 
赤枠の中に、腰椎椎間板ヘルニア とあります。
 
通常の診断書ではなく、入院診断書、計画書なので
全治とかは書いてありません。
入院期間中になにをするか が書いてあるのです。
 
ヘルニアで出来るのは、保存療法か、外科的な手術。
2パターンでしかない。
 
そんなわけで、暑気払い → 二次会 → タクシー → 救急車 → 救急病院
 
という素敵コンボを喰らってしまったわけです。
 
妻も向かってくれると聞いたのは、深夜だったはずです。
会社の方は、朝まで病院のロビーで寝ていたそうです。
 
妻は3時に病院に着き、朝6時前に会社の方を駅に送っていったと。
 
なので、私が起きた時は誰もおらず、しばらくして看護師さんに
そのことを聞きました。
 
深夜に奥さんが見られて、先ほど会社の方を送っていきました。
 
基本、保存療法でヘルニアと5年以上付き合ってきたので、
朝になったら、だいぶ良くなっていました。
猛烈な痛みはほぼなくなったけれど、両足が完全に痺れていて
太ももは酷い痺れ
足首から先は、両足で細かい痺れ
でも、ふくらはぎには一切、しびれが出ていない
 
不思議な症状です。神経に直接アタックしているから出ているんだろうけど、
回路 別になってるんだなぁ。って思ったり。
 
トイレが遠く、かなり不便で
 
病院にいて、トイレが遠くて このままここに居たら、確実に悪化する。
移動がきつい
と朝になって出てきた担当医に伝えて、土曜日の昼前には退院することが出来ました。
 
平日にやらなくてよかったと思う反面、さすがにもう切らないとダメだよな。と
爆弾を抱えて歩いているようなもんだし。
完全復帰に向けては、やはり切るのがいいのかな。

日帰りで内視鏡とかレーザーで切れるところ無いかなと探していたりします。
 
あぁ、いろんな人に迷惑かけた。感謝してもしきれないや。
 
ご心配をおかけしました。一応、人として一人でトイレに行けるレベルにはなっています。 
 
が、
 
まともな状態ではありません。。。。(´Д` )
ごめんなさい。

ツイートツイート

1件のコメント

  1. やはり最善策は、君が俺に薦めてくれたオペでしょう。
    俺の場合、手術方針書には「腰椎分離症 L4,5 腰椎椎間板ヘルニアL4,5 固定術」と書いてありました。何と2椎間!かなり重症だったらしいです(だから5時間半も掛かった訳ですが)
    現在、スタスタ歩けるし、階段も何の苦にもならない!ちょっと痛かったら湿布貼る程度!
    内視鏡はあまりお薦めしないな。友人の義父がそれやったけど全然効果がなくガッツリ切って、今や野球やってるらしい(^^) ガッツリと言っても切るのは7、8cm程度だからね。
    時間も2時間くらいじゃないかな。
    俺の時、お見舞いに来てくれたじゃん!あれから10日後、俺も退院できたから!
    温存して定期的に激痛に見舞われるなら、検討の余地ありと見た!
    でも、退院できて良かったね(^^ゞ

  2. あなたの歩いた後にはぺんぺん草しか残ってないぺんたろうさん>
    コメントありがとうございます。
     
    やはり、切るのがいいのかなと思います。

    妻も、レーザーとか日帰り手術とかはNGと言います。
    運がいいことに、いろいろ有識者も知り合いに増えてきました。
    接骨院の院長とか、数日前に腰を切開した元バーのマスターとか。
     
    そういう人の言葉は、大事に受け止めないといけませんね。
     
    とりあえず、明日、病院で再度MRIと診断書を出してもらいます。
    明日は、土曜日のうちに休みをくださいと言ってあるので、気は楽です。
     
    でも、自分で動かないといけないんだよなぁ。。。。 痛いけど頑張ろう。うん。自分のためだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です