【青】2回目なので、ちゃんと対策を「SYSTEM THREAD EXEPTION NOT HANDLED」

kooです。 ( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい。BSOD on Windows8.1でございます。
3.1時代からの長い付き合いでございます。
 
画面は、こんな感じ。
Btt0TcXCAAEyXBI
まぁ、相変わらずですよ。
 
内容は、
SYSTEM THREAD EXEPTION NOT HANDLED
エラーを吐いたモジュールは、samsungrapiddiskfltr.sys
 
CドライブにSSD Samsung製をいれています。
これです。魅惑の1TBです。

容量がデカいだけに、高価な代物ではあります。
※低スペックPCなら1台買えるくらいの価格ですwwww
 
まぁ、それはいいとして。
 
8のエラー画面は、見やすいので良いですが、
エラー詳細までは、分からないので原因追究する必要があります。
 
定番のイベントビューアには、3つのエラーが並んでいました。
時間もぴったりなので、ビンゴ!です。
 
Performance 拡張カウンター プロバイダーを処理するときに、パフォーマンス レジストリ値のパフォーマンス文字列は壊れています。
パフォーマンス レジストリからの BaseIndex 値は、データ セクションの最初の DWORD で、
LastCounter 値は、データ セクションの 2 番目の DWORD で、LastHelp 値は、データ セクションの 3 番目の DWORD です。

多少、数字は異なるでしょうが、こういったメッセージの場合は、
表示通り、Performance 拡張カウンター プロバイダー を修正してやるだけです。
 
管理者権限で、コマンドプロンプトを起動させて。
 

cd %windir%\system32
Lodctr /R

 
のコマンドを打つだけ。
 
やってることは、Lodctr /R だけです。
1行目は、パスの移動をさせています。
※デフォルトで、問題ないはずですが、一応BLOGに書く以上は、ちゃんとやらないとね。
 
んで、
 

情報: パフォーマンス カウンターの設定をシステムのバックアップ ストアから正常に再構築しました

が表示されて終了です。
 
とりあえず、あとは静観するだけです。
イベントビューアには、同じエラーは吐き出されていないので問題ないはずです・・・・。
 
ただ、前回はDarksoulsを起動してロード直後に発生
今回は、ファイルの多重ダウンロード時に起きました。
トリガーが異なるのですが、メッセージは同じなので、これで対処完了となるのではないでしょうか(ノД`)
 
ちなみに、こんなエラー文も含まれています。
 
サービス WmiApRpl (WmiApRpl) のパフォーマンス カウンターの文字列をアンロードできませんでした。エラー コードがデータ セクションの最初の DWORD に含まれています。


まぁ、大丈夫でしょう(´・ω・`)

---以下、追記。 
大丈夫じゃなかった。
 
イベントビューアに大量のエラーが吐かれているので、対応

lodctr /R コマンド実行時に、イベントID : 3009, 2007 が出力された場合。
 
また、コマンドプロンプトを管理者で起動して。

copy "C:\Windows\inf\usbhub\usbperfsym.h" "C:\Windows\inf\usbhub\0411\usbperfsym.h"
lodctr "C:\Windows\inf\usbhub\0411\usbperf.ini"

これが必要でした。
 
結果

Perflib の言語キー 009 を開けません

とか表示されますが。
 
マイクロソフトも公式で
上記 コマンド 実施後、「Perflib の言語キー 009 を開けません」と表示されますが、
パフォーマンス カウンター 及び システム への影響はございません。

と言っているので、問題なし。
 
あーびっくらしたヽ(゚Д゚#)ノ
 
イベントビューアを何度リロードしても、エラーは吐かれないので、問題なしかと思う。。。。。

ツイートツイート

1件のコメント

  1. 24時間経過したが、何の問題もない。

    再発もとりあえずはしていない。
    これで、解消するものと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です