【旅】滝ツアー2014 1-2話

kooです。 ( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい、続きです。
 
前回は、捕まったところで区切りました。
img_0
青い制服を着た人2人が、こんな人だったら良かったのに(´Д` )
とか、思いますが・・・
 
まぁ、悔やんでも仕方がないので。
 
ということで、立山ICの手前、魚津で降りてお寿司です。
無題
土曜でランチをやっている店が少なく、友人の前で妻と喧嘩勃発させるところでした(´Д` )
 
まぁ、しょーがない。
 
1000円ほどで、ランチを食べ
目的の称名滝に向かいます。
 
車窓から見えるのは、「悪城の壁」という断崖絶壁。
2層になっているのが、分かるのですが、、、
10268599_622492154512054_3390838714570771816_n
今回、見に行く称名滝から流れる称名川で削り取られた断崖絶壁です。
 
じつは、今の時期 雪解けもあり
壁のいたるところで、名無し滝が出ています。
 
期間限定で6月にもなれば、その名無し滝は消えてしまうでしょう。
来年は同じところで流れるわけではないので・・・。
 
車をパーキングに入れ・・・・?
 
滝しかないのに、けっこうな量の車がいます。
観光バスも4台ほど居ました。
 
ですよ。
ただのですよ・・・・。
まぁ、費用は掛からないので、プランに入れるにはいいのかもしれませんけど。
※われわれは、これがメイン。
 
徒歩で進む道は舗装されているようで、ひざの悪い妻も問題なく行けるかな。と踏んで臨んだのですが、、、、
妻も一生懸命 坂道を進みます
 
が。
 
ここで、もうダメ。ギブアップ
無題
この表示は、床についています。
 
じつは、私、往路では完全に見落としていました。
 
称名滝の脇にある ハンノキ滝 = 落差500M 
これが常に見えているので、目線はずっとハンノキ滝を見ていたからなのです。
 
こんな光景です。
4046156_2073395689_198large
引き込まれます。
 
友人もずっと、「なんだこれ
なんだこれ」と言い続けていました。
 
いろんなマイナー滝を見てきましたが、
さすが日本一なのです。
 
何もかもが圧倒的なのです。
 
華厳の滝も見ました。
ただ、ハンノキに比べたら落差1/4なのです。
あの大瀑布が1/4です。
 
整備された道を進むと

こんな光景も。
これは、称名川
 
称名滝は、称名川になって流れていきます。
 
異様な透明度です。
 
では、本体。

これが、2014/05/10に撮影した動画です。
 
風の音がすごいのですが、、、、音については無編集です。
iphoneのカメラでは、全部を収めることが出来ません。
 
滝壺までは、比較的距離がありますが、
それでも、多少濡れます。
 
どちらかというと、空気に大量の水分が含まれている感じなので、心地いい空間です。
 
多くの方が、動画や写真を撮っていました
 
ただ、我々はあまりの規模に、「なんだこれ」な状態だったのです。
 
和製エンジェルフォールと言っても、過言ではないでしょう。
というか、この滝以外に言えないでしょう。
696_02
写真はエンジェルフォール
落差は世界最大の979 m
ハンノキの倍あります。 たぶん、今の経験値でこんな滝をみたら、ちびっちゃうかもしれません(´Д` )
 
そんなわけで、この滝をけっこうな時間眺めていたわけです。
 
妻をレストハウスに置き去りにしてw
※こっそり、かき氷を食っていたらしい のは後で知りました。
 

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です