【忘】備忘録_VMwareTools Install On Linux

kooです。どもす。
 
はい、VMです。
VmwareToolsです。
 

vsphereでがりがり仮想マシンを足したり引いたり?していますけど、
VMwareToolsのインストールをそういえば、やってなかった。。。。
 
まぁ、そんなにメリットを感じないというか、
Vsphere ClientsからIPアドレスが見えるとか。
 
んで、Xを入れていないLinuxの場合、若干面倒だったので、備忘録。

まずは、インストールフラグを立てる。
vShpereから、toolsを入れたいゲストを右クリック、
ゲストを選んで、インストール。
0
このインストールは、ゲストを右クリックして出す。
ってのは、覚えていたんですが、どこの中だっけかな? と忘れやすいので・・・・。
 
あとは、CDとして、Linuxに挿入された状態になっているので、
CDマウント用ディレクトリを作成しマウントする

# mkdir /mnt/cdrom

# mount /dev/cdrom /mnt/cdrom

 
そのままでも、解凍、展開できますが
一応、CDドライブからコピーしてインストールします。

# ls /mnt/cdrom/
# ls /mnt/cdrom/
# cp /mnt/cdrom/VMwareTools-9.0.0-782409.tar.gz /tmp/VMwareTools.tar.gz
# umount /mnt/cdrom/

※2013/06/08で、9.0.0でした。
 
コピーし終わったら、アンマウントしていよいよインストール。。。。。
 

# cd /tmp/
# cd /tmp/
# tar zxf VMwareTools.tar.gz
# cd VMwareTools.tar.gz
# cd vmware-tools-distrib/
# ./vmware-install.pl

インストールは、対話式になっていますが、
そのままEnter押下で基本的には、大丈夫
 
デフォルトの選択肢も とか とか表示されていますので、
打ち直しとか、y押下とか不要です。

んで、もろもろを確認。 
# VMware Toolsインストールバージョンの確認コマンド

# /usr/bin/vmware-toolbox-cmd -v

# ステータスの確認

# status vmware-tools

# CentOSの再起動

# shutdown -r now

再起動して、vSphereのサマリ上にVMtoolsが 実行中 になっていればOK
IPアドレスもMACアドレスもちゃんと表示されます。
わざわざ、コンソールで確認しなくてもIPが見えるようになるのは、便利です。
 
ふぅ。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です