【滝】20171009 岐阜 滝行脚 その4

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい、4回目の滝行脚紀行です。
 
今日で最終回。
 
先にその1で出しましたうるう滝のアップロードが終わったので、
公開しておきます。

徒歩5分以下のお手軽滝とは言っても、そこそこの迫力はあるかと思います。
 
では。本編。
脱水から一夜明け。
  
なかなかのお湯で前日の疲れはなんのその。
今日は、500kmを帰ります。
※道中の滝は拾うこと。
 
下島温泉の宿の前には、寝屋の滝方向からの川が続いています。
※巌立公園から車で5分も掛からない場所の宿なので、上流の川の様子です

手持ち、スローシャッターなので限界はありますが
なんとか撮ってみました。
 
こういうところで迎える朝は、いつでも素敵です。
 
早々にチェックアウトして、再度 巌立公園へ。

じつは、この巌立公園から直接あるいて 三ツ滝という滝もアクセスできます。
自然保護基金という形で200円の援助をしていますので、自然を守るため、
トイレの維持をしてもらうため、当然 入れます。
※箱があって、自由に入れられますがガイドセンターのおっちゃんがいますので、
 文句言わず、入れましょう。はい。

遠景で撮ってみました

朝の日が入る前なので、多少暗いですが 
それはそれで雰囲気伝わったのではないかと。。。。

滝ではないですが
手前の急流を撮ったら、まさに 今日一 (今日最高の一枚)が撮れるとは!

 
ぶっちゃけ、ここまでの写真が撮れたら
 
滝まで行かなくても良くね?
 
とか思っちゃった私が居ます。
 
しかし、滝はいいです

三ツ滝の名の通り、奥側にある 3本の滝を三ツ滝と読んだり、
 
3本の滝、手前の滝、さらに下の滝の上中下で三ツ滝と呼んだり、正確なところは不明ですが
巌立公園から簡単なアクセスで見られる 三つ滝です。
 
最上部は撮れませんが、十分魅力的です。

 
戻り掛けに奇跡が起きました。

時間にして、2分くらいです。
 
朝の光が川に差し込み、輝かしい光芒が出ました。
 
私と、END氏 揃って
 
おーーーーーーーー
と声を上げ、慌ててシャッターを切ります。

滝画像と光芒のセットはよく見ます。
それはそれは、美しい写真になるからですね。

ただ、目の前の景色が、この写真の状態になると 感動しかありません。
 
アングルを探して、三ツ滝をなんとか入れてみました

 
日本の朝の原風景でしょうか。
たまりません。
 
これで写真はひとまず満足して、帰路に着きます。

じつはもう1つ滝がありますが
それは、最後の行脚で。。。。
(結局、終われなかった)
 

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です