【腰】椎間板ヘルニア その後2

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい。
 
いろいろ心配してもらっているので、
状況などなどを解説っと。
 
これが2年前の私の腰です。

 
今回、経皮的髄核摘出術で髄核を抜いたのは、画像の
4と5の間の椎間板。
 
椎間板は、繊維輪髄核の層構造で、太巻きのような感じです。
 
繊維輪をごはん髄核が具 なイメージです。
 
機械を入れて、髄核を掻き出す。というのが手術の簡単なイメージ。
 
まだ、左足のふとももにしびれがあります。
 
理由としては3つ。
 
1.想定の完治3か月を経過していない(まだ2週間経っていません(´・ω・`))
2.髄核を抜いたのが、想定の半分くらい(手術中に死にかけたから)
3.じつは、5、6(画像に記載なしの下側)の間の椎間板も飛び出てる。
 
昨日の診察で分かったのが、3。
 
あまりにも、4と5の間の出かたが、半端ないので
気が付きにくいが、痛み、痺れ、感覚異常の原因はそこにあった。
その原因を取り除いた。
 
にも拘わらず、継続して痺れ、感覚異常が出るということは、
もう1か所、突き出た椎間板が存在していて、そいつが神経を押してる。
 
今までは気が付かなかったけど、ひどい箇所が治ったせいで、見えてきたヘルニア2もある。
 
かもしれない
という話。
 
ただ、2回目の手術はないです。
まず、今回同様に死んじゃう(血圧さがって)可能性もあるので、
オペは出来ない。
 
経過観察しつつ、、、というのが今の状態。
 
============================================================
痛み = ありません。
これは手術前と変わらない。
神経はブロック注射で殺している。
 
痺れ = 範囲が狭くなっています。
手術前 足先まで痺れ
今   ふともも上の方だけ。
 
感覚異常(熱い) = まだある
手術前(直前) 朝から常に熱い
手術後    夕方くらいに熱くなる。
       疲労感が熱さに変わる感じ
============================================================
トータルすると、良化傾向にはある。
 
ただ、座る確度によっての激痛
筋肉繊維を直接切っていることもあるし、体の中の傷もある
それは手術前には無かった事なので、たぶん時期で消えるだろうし
痛い姿勢のまま座り続ける 無神経で無痛覚なやつではないので
痛ければ、姿勢を変えればいいだけ。
 
問題がないかと言えば、そうではないが
少なくとも手術はしたし、髄核も残っているとは言え、
一部は掻き出している。
 
良化する。と信じているのでけっこう楽観視できる。
 

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です