【腰】手術しました 椎間板ヘルニア

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい。
 
手術しました。椎間板ヘルニアの。
 

イメージは、この画像の通り。
 
青いバームクーヘンのようになっているところが 繊維輪
こいつを貫くように器具を入れて、
中の髄核をチェーンソーのようになった先端部が
掻き出してくる。
 
という手術。
なので、実際に飛び出した椎間板を切る とかそういうものではありません。
あくまでもその根元にある髄核を減らして、空間を作ってそこに吐出した
椎間板を落とす。神経に触れないようにしてやる。
 
という手術。
 
腰あたりから、器具を入れて脂肪、筋肉を突き抜け、繊維輪に到達しますが
局所麻酔が効くのは、脂肪と筋肉部 のみ。
 
その先は、麻酔効かないゾーンです。
 
ぶっちゃけると、腰の表面も麻酔効いていませんでした。
メスで、穴をあけるのですが、
めっちゃ痛いでやんの。
これ、聞いてない痛み。
 
痛い!というと、
メスだから、我慢。
・・・事前に言っといて。お願いだから。
 
 
Dr曰く。
繊維輪を超えるまでの
5秒だ。5秒耐えろ
とオペ前に言っていました。
 
・・・・オペ中は全身麻酔ではなく部分麻酔なので
意識はビンビンです。
全部分かります。
 
筋肉を突き抜けた先、もう何度となく入れ直し、差し直しをしているので、
5秒が何十回もありました・・・(´・ω・`)
 
画像にはないですが、
真ん中の黄色い脊柱神経から真横に神経根という太い神経が走っています。
これに触れると足に影響が出ます。
 
傷つけたら、即車いす生活です。
 
なので、全身麻酔を嫌い、部分麻酔でオペする医師。
 
私の場合、腎臓が1つになっている馬蹄腎という奇形だからか
なんども、足に刺激が走ります。
半端じゃない痛みで走るので、別の部位の痛みじゃないです。 
 雷みたいなものです。
 電流が一気につま先まで駆け抜ける感じです。
 
さて、話を戻して。ようやく器具は髄核に到達して、
背中の真ん中あたりをゴリゴリされている感覚は分かります。
あー、髄核掻き出してるんだなぁ。と思えていました。 
 
ただ、、、
それまでの格闘のおかげで脂汗ダクダクで、
何十回というあまりの痛みで、きっとアドレナリンが出てきたのか
徐々に意識が遠のく。
 
そのとたん、ピーピーピー!
常に血圧をモニタリングされていたのですが、
急激に上も下も50ほど下がってしまったのです。
上は、常時130前後だったのが80を切るところ。
下は、30台まで急降下。
 
ただ、こちらは眼鏡もしていませんし、意識も朦朧としていたので
よくわからないですが
 
うるさい音だ・・・・
 
くらいの認識ですが、周りが慌ただしい
 
なんか、おかしいのかな。。。。。
 
DRが大声で。
 
終了!
 
終わり!!
 
と、背中から一気に管が抜かれた感覚は分かりました。
 
全身汗だくで、左手に刺していた生食と何か抗生剤?の点滴は、
固定のテープが剥がれて抜けてしまっている。。。
 
 
血圧が下がりすぎて、命の危険があったので、
目標100%取れていない、半分くらいしか髄核は取れていないが
命には代えられない。
あのまま続けたら、死んじゃっていた。
 
という手術。
 
でもね、
 
いまも、まだ 感覚異常と痺れ 出てるの・・・・。
 
3か月は様子見だけど、もう どうしたらいいの(´・ω・`)
 
しょぼん。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です