【腰】えらいことになっていた椎間板ヘルニア

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
例のごとく、これをやっときましょ。
152040
腰痛戦隊っ! ヘルニアンっ!
 
ふぅ。
 
さて、私の色が決まりました。
ホワイトです。
 
ヘルニアンホワイトっ! ちゅどーん。
(後ろで爆破)
 
画像には、ホワイトはいません。
 
その理由はのちほど。
 
————————————————————————————————
トレッキングポールを突いて、病院に入ったので痛みは分かってもらえている。
初診ですし、問診を書きますが
受付のカウンターで立ったまま書いていました。
受付の女性に言われます「座った方がいいですか?立ったままでいいですか?」

「動かない方がいいので、このままで」
座ると、再度立ち上がる動作が必ずセットになります。
なので、移動前提ですから、たったまま受付で問診を書いていました。
 
すでに待合室には、何人か座っていますが、全員スルーで私が呼ばれます。
「こちらに入ってください。」
 
・・・・(´・ω・`)
 
重篤に見えるようです。
 
問診書くだけで、脂汗がにじんでいますが、デブだから。
というのもあります。はい。
 
医師に腰を見てもらい、
 前傾できますかー。
 あー無理ですねー。
 
そんな軽いやり取りのあと。
 
血圧図りますねー。
これから注射しますからー。
アルコール消毒のアレルギーはないですねー。
矢継ぎ早に質問攻め
 
ちゃっちゃかちゃーっと 注射の準備がされます。
 
腕に打つのとはちゃいます。
こんな姿勢で、こんなん打ちます。
RIMG0339
画像は、掛かった病院より拝借。
 
まぁ、腰にそのまま プスっと注射するわけです。はい。
 
後で知りましたが、
b0169839_23232939
硬膜外ブロック注射というものを、注射されました。
硬膜の外 2mmほどの空間に 注射します。
 
何度も、
絶対に動くなよー。
 
動いたら、大変なことになるんだからなぁー。
と言われましても、、、、
ナースに、上四方固め、横四方固め、くらいな勢いでいろんな箇所から押さえつけられていて、
動きたくても動けないのが、本音。。。。
 
注射は、場所探しと麻酔プラス本物の注射、増量するための注射器セットなどで、30分以下で終わりました。
 
この後、びっくりですが
杖なし、支えなし、コルセットなし 
の完全自立歩行が出来てしまっていました。
 
びっくりです。ブロック。
神経ブロックとは違うのですね。
 
じつは、ここまでレントゲン、MRI、CT一切なしです。
触診のみで、この医師はやってのけました。
受付に着いてから、本当に30分以内に痛みを取ってくれちゃったのです。
 
この注射、熱を感じたりしびれたりするので、2時間くらいは横になっててもらうという事でしたが、
残30分くらいから、MRIとレントゲン、CTを取りに動きました。
もちろん、コルセットも杖もなく、自力歩行で。
 
正直信じられません。
 
さっきまで、歩けなかった人間が、歩けているのだから。
 
んで、MRIの結果が出ました。
 
驚きです。
ヘルニアが左右両方に出ていると言っていましたが、
じつは、右側に出ているヘルニアは、すでに石灰化して 骨と同様に映っていました。
白なのです。
椎間板は通常、グレーに映ります。
 
なので、私の腰の状態です。
IMG_4467
撮りたてほやほやの今日の私。
 
4と5と数字を書いてある白い塊が骨1つ1つです。
 
4と5の間の椎間板が後ろにスライドしているのは、椎間板ヘルニアという症状なのですが、
4の骨が異様に出っ張っています。
本来の形ではありません。これがスライドした椎間板が石灰化した状態なのです。
 
縦の赤線が入っている箇所が神経。
完全に後ろに押し出している形になっているので、痛くて当たり前。
数日前まで平気だった
 
ことの方がおかしい。

 
じつは、両方左右どちらにも、椎間板が出ていると言っていましたが
もしかしたら、5、6の間の椎間板も多少、スライドしているので、
左足は、そっちが原因。
右足は、石灰化した方が当たっている
のかも
という所見。
 
じぶんの椎間板写真出すのはアレなので、控えようと画像検索したのですが
動物ばかり石灰化していて、人間の画像が無いでやんの・・・・(´・ω・`)
レアケースのようです。人間では。
 
また、明日も診察に来るように言われていて、
MRI画像を持ってこいと言われたので、準備ついでに公開。
 
2009年でした。
初のヘルニアという診断を受けた画像です。
IMG_4468
赤い丸のところが4番、5番です。
 
明らかに骨の形が変わっています。
石灰化した椎間板が分かります。
 
同じ人間の同じ部位とは思えない。
我ながら、よくこれで仕事していたと思うわ。マジで。
それも、比較的ダメージのでかい長時間のデスクワーク。
たまには、サーバ運搬とか自宅でサーバラック構築とか肉体労働的な部分がありましたけど・・・・。
 
こんなことなら、保存療法なんて言わずに、バツっと切ってくれるここに初めから行けばよかった。
ちなみに、保険適用なので、
本日の硬膜外ブロック注射もMRIもレントゲンも 全部セットで1万円ちょっと。
 
ちなみに、最後の最後で手術台に乗りました。
 
デブですから、
うまく施術できるか、の確認だったようです。
 
かなり、おなかの肉が邪魔でしたが

 なんとかなる。これならできる。

という判断でした・・・。
(なんか、毎回毎回、言葉尻が突き刺さるんだよなぁ、この先生) 
 
日帰り手術予定ですが、、、、なんか、大変なことになってきました。
————————————————————————————————
んで、なぜ、ホワイトか
と言うと。
 
椎間板ヘルニアの石灰化で ヘルニアンホワイトです。
 
医師曰く、
「あー、石灰化かぁ、よくもならないし、悪くもならない」
「2万件くらい症例見てるけど、状況としてはまぁ、軽い方。
 軽い方だけど、石灰化かぁ」
 
石灰じゃなければ、明日にでも手術して、即 日常生活を取り戻せてあげたのにぃ。」
 
「なんで、整形行っていたのに、そこは治療しねぇんだよ。」
ずっとボヤいていました。
 
「保存療法と言われていましたし・・・」としか、私は言えません。
そうだったのですもの。
 
痛くなれば、整骨や鍼とか色々やってきたけど。
もっと、早くこれを見せてもらえれば楽勝だったのにぃ。
 
医師は、頭を抱えていました。
 
それでも、 
 

2週間の間に、必ず結論を出す。
絶対に、日常生活を取り返してあげる。

 
非常に心強い言葉です。
 
つまり、切ることは確定です。
結論を出すというのは、どうやって切るかなのです。
 
こんな手術らしい|д゚)
http://www.hongou-seikei.com/contents/medical/hernia/
 
おじさん、頑張ってくるっ!
うん、負けない。がんばるっ!
 

ツイートツイート

1件のコメント

  1. 早くスッキリ治るといいね。お大事に。
    海外行ってる時じゃなくて不幸中の幸い

    帝王切開で出産の時、腰椎に麻酔入れるから目一杯丸まってって言われたけど、臨月でお腹パンパン。無理っ

    • ちゃこ コメントどうも。

      こっちは、脂肪やらなんやらで丸くなれませんです(´・ω・`)

      さて、今日も通院だ。いてくる。

  2. 私は10年前にヘルニアの手術しました。
    整形だと術後1週間は絶対安静で、付き添いが必要と1ヶ月の入院とのこと!
    でも、実家も遠く、子供も小さくて誰にも頼めず、そんな時に脳外科の先生がヘルニアの手術もしてると聞きました。
    その先生だと、術前1週間と術後1週間の2週間で帰れるとのこと!
    その先生にお願いしました。
    入院する前は、まっすぐ立って歩くこともできず右足は痺れていて、入院の手続きに行った時には車椅子を用意してくれてました。
    入院して術前、不思議なことに、歩行器だと普通に移動できてた。
    全身麻酔での術後、次の日に背中の管を取ったら、筋肉が落ちるから歩きなさいと^^;
    いいんですか〜?^^;って感じ。
    毎日階段の上り下りしてました^^;
    無事に術後1週間で退院(*^^*)
    たまに坐骨神経痛みたいなんはありますが、歩けんことはないし、ほんまに楽になりました。
    術前は家でも歩けず、ずっとハイハイで移動してて、お風呂も入れてもらってましたから^^;
    手術怖いとか言う人もおるけど、あの動けない辛さからしたら、してもらって良かったって、ほんまに思います。

    • コメントありがとうございます。
      kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!

      手術されたんですね。
      私も年内ですが、一部の手術をする予定です。
      というのも、前途の通り、石灰化しているので、
      一般的な内視鏡手術が通用しない状態になってしまっています。
       
      入院する前は、まっすぐ立って歩くこともできず右足は痺れていて、入院の手続きに行った時には車椅子を用意してくれてました。
      私の一番初めのヘルニア発症時と同じです。
      病院側で、車いすを用意してくれました。
       
      術前は家でも歩けず、ずっとハイハイで移動してて、お風呂も入れてもらってましたから^^;
      気持ちわかります。
      私も、パンツすら一人では履けませんでしたし、トイレまでは匍匐前進
      トイレ前で便座に座るのに、10分の格闘が必要という極限状態でした。
       
      私も今回の病院を見つけて、よかったと思いますし、
      ヘルニア症状持ってる人には、とっとと画像撮って手術してもらえと言っています。

  3. 初めまして。その後いかがですか?

    長年 椎間板ヘルニアと脊柱菅狭窄症の痛みで 良くなったり悪くなったりの繰り返しで 去年の今頃 何をするにも激痛で トイレに座るまで10分もの格闘 私もありました。横になるまで とにかく激痛と仲良しです。アホな整形外科にかかった為に悪化する一方でした(*`Д´)ノ!!!見切りをつけ 紹介状を持って 身内がそのまま消防署に向かい 救急車で県立病院に。入院するも 最初の1週間は痛み止めも効かず眠れない日もあり 大部屋だったため 静かに苦痛に耐えなければならず 中には私のうめきに寝れなかった方もいて(T0T)すみませんって感じです。結局 硬膜外ブロックが効いて(レントゲン有り)痛みはあるものの歩けるまで回復したので1ヶ月で退院となりましたが現在も通院中です。右足に痺れがあります。再度 硬膜外ブロックを試しても とにかく痛い!あの日を思い出すほど…。「たぶん石灰化してて針が入っていけなかったかな。随分 痛がってたから途中でやめたけど…」と医師。次回 CTを撮り 石灰化確定なら手術です。手術しても 100%治るかは やってみないと分からないそうなので不安です。手術 入院となっても母子家庭で小3と高3の息子(発達障害)がいるので 実家もないし悩むところです。

  4. kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!

    成田様 コメントありがとうございます。
     
    このエントリーを書いて10か月。
    今は、普通の生活が出来ています。
     
    一時期は、飲んだ翌日は、ダメージが腰にきてしまって、
    まったく歩けなくなるくらい(なら、そこまで飲むな)でしたが、
    今は、ぜんぜん平気です。
     
    結局、5、6回は硬膜外ブロック注射、神経混ブロックは2回だったかな
    でもう、それ以降は受診していません。
    悪くなる前に来いよとDrには言われていますが、
    滝行脚で山道8km歩いても平気です。
     
    結局、石灰化は切らないと治らないですが
    神経は逃げてくれる。(人間の体は素晴らしい)
    神経根ブロックと硬膜外ブロックで一般生活は取り戻せる。
    と、私は思います。

    現に、石灰化(治らないのでそのまま)していますが、
    神経根ブロック注射が効いているのか、生活に困ることはないです。
     
    10年近く腰痛とは、付き合いましたので
    荷物の持ち方とかは意識しますし、それなりの防衛はします。
    山道あるけば、鍼を打ってもらって筋肉のバランスは維持するようにしています。
     
    切ることも選択肢の一つですが
    神経根ブロックを一度試してみるといいかもしれません。

    私が通っていたのは、埼玉の本郷整形外科です。
    声は大きいし、口はあまり良くないですが、腕はぴか一な先生です。
    午前中の2時間だけで、4,5名の硬膜外ブロックを片づける恐ろしい腕です。
    ※空きベッドがあれば、もっと捌けると思うくらい。

    では、よくなることをお祈りしています。

    • お返事ありがとうございます。ブロック注射は 両方とも経験しましたが 痛みは何年も繰り返し その度に打ち 今はブロックも効き目無しです(T-T)最近テレビで上殿皮神経障害 (じょうでんひ)という 手術後も痺れが残る原因として考えられる神経障害らしいんです。主治医に聞いたら 色々あるからねと真剣に聞いて欲しかったけど 医師も上級者じゃないと難しい手術のようです。きっと難しさを知っての発言なんでしょう。整形に紹介状を出してもらい手術できるか話し合いしてきます。出来ない場合はモルヒネ服用だそうです。Kooさんは 現状維持との事ですが どうぞ 無理をなさらないように お大事にしてくださいね!

      • 返信が遅れてすいません、、、、

        15日に 机の上にある ぺん を取ろうとして
        手を伸ばした途端、昔やったことのある激痛が雷のように脳天まで走り、
         
        うぎゃー。
         
        というわけで、16日から出勤予定でしたが、17日もまともに歩けないのでお休みし
        なんだか知らないけれど、普通の人の夏休みを
        2日間横になり続ける という なんとも悲しい夏休みになってしまいました。

        >モルヒネ服用
        ・・(´・ω・`)
        なんか、もう行きつくとこまで行ってしまった感じが。

        ひとまず、明日からコルセット巻いて職場復帰します。
        (夏休み何してた?と言われそう)

  5. はじめまして

    kooさんの画像を見てびっくりしました。自分の画像とそっくりです。骨の出っ張り具合といい丸まり具合といい、あと体型も・・・。この体型のヘルニア持ちの宿命なのか・・・。

    自分は20代からのヘルニア持ちで長年ヘルニア持ちだとこうなることが多いとか、ちなみに自分は42歳です。自分はL3L4とL4L5のヘルニア、骨化も両方にあります。特にL3L4が大きくkooさんの画像によく似ています。

    自分も一度は手術をすすめられましたが去年と画像所見が変わらずということで沙汰やみになりました。もっとも手術をした場合後ろの背骨をえぐりボルトで固定するという、ヘルニア手術の最終手段でしたくはなかったのですが。もっとほかの方法はないものでしょうか。結局症状がなんとか生活はできているので、そのままでブロック注射もしてもらえず、不安は残ります。

    結局自分の場合は画像所見の割には、歩けるし動けるとのことで現段階では何もしようがないということでしょうか。動けても痛みは変わりませんが・・・。やはりこの病気は長く付き合うしかないのでしょうね。

    おたがい骨棘持ち同士がんばっていきましょう。

    • よいちさん
       
      kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
       
      石灰化は、骨化なんですね。
       
      大変ですね(私もですが、今は痛みがないので他人事調で申し訳ない)
       
      >ちなみに自分は42歳です。
      よいちさんは、ちょっと先輩さんです。
       
      >そのままでブロック注射もしてもらえず、不安は残ります。
      私は、神経根で半年は無痛を維持できるので、
      本当に安心しています。
      まず、仕事(デスクワーク)で残業が重なると、腰にダメージが。
      残業するほどですから、穴をあけるわけにはいかず。
      で、無理すると、
       
      もう、虫です。
      尺取り虫です。
       
      痺れがある以上、ブロックはやってくれると思うので、
      お近くで、神経根・硬膜外ブロックをHPで公開しているところに行って、
      痺れがあるから、打ってくれ。
      といえば、やってくれるんじゃないでしょうか。
       
      こちらは、埼玉で2000名以上を見ている医者に巡り会えたので、
      なんとかしてもらえる。と思っています。
      それだけでも、気が楽です。 
       
      やっぱり、痩せないと・・・・・。

      ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です