【煙】私は喫煙者・・・・。(´・ω・`)

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
はい、喫煙者です。
今は、非常に肩身が狭い思いをしています。
喫煙歴は20年ほど ()
 
今回、好奇心で手巻きたばこなるものに挑戦してみました。
 
調べてもいませんし、何が良くて何が悪いのかもわからないので、
先人の知恵を借りることにしました。
(バルディッシュくん ありがとう)
 
手巻きたばこを始めるにあたって、必要なものを全部一式そろえてもらいました。
 
・葉っぱ
・フィルター
・巻紙
・手巻き機

一応、これだけあれば、手巻きたばこは出来ますが、
葉っぱには、加湿が必要だったりするので・・・・
 
※きりがない。
 
今回、買ってくれたバルくん曰く。
 
手巻きたばこは、
豆から挽くコーヒーと一緒。
自販機やコンビニで買える一般的なやつは缶コーヒー
 
今回、初経験ですので、いろいろ教わりながら巻いてみましたが。
某所の蕎麦屋にて、巻き巻きしました。
IMG_3807
※画像は自宅。
 
さすがに、他のお客様がいる前でタバコの葉といえど、巻き巻きして
タバコの形にするのは、大きく曲解される。
 
一番驚いたのが、若女将が「匂いが少ない」と言っていたこと。
喫煙者ですから、あまり匂いに敏感ではありません。
他の人が吸っていれば、喫煙所から戻ってくれば 分かりますが
「少ない」という表現は、たぶん私には出来ません。
 
教えてくれたバルくんも言っていましたが、「防腐剤など余計なものが入っていないから」
そういう理由か。
 
それで言えば、市販品は缶コーヒー
手巻きは、豆挽きコーヒー
と言える部分だと思います。
 
喫煙じたい、嗜好品ですので アレゲな感じですが、
ゆったりまったりとする分には、非常に満足度の高いもの(趣味)かと思います。
単価も、市販品よりは多少安く抑えられるということ。
 
※1回で購入する葉の量が多いので、カートン買いの感覚。
 
今回は、巻き機なども含めて、初期パックで5000円ほど掛かっています。
1カートンが4200円(私が普段吸っているもの)ですから、葉の価格だけで計算すると
200本作ってもそこまでの値段にはならないということ。
 
面白いのが
フィルター、巻紙、たばこの葉をすべて同じにしても
巻く葉の感覚(キツ目に入れて作るか、ゆるーく作るか)によって、
味が違う
同じタイミングで、自分で同じように作っても 全く同じ味にはならない。
 
たぶん、コーヒーもそうなんでしょう
(我が家には、デロンギのエスプレッソマシンもありますが、普段はバリスタくん)
 
奥は深いです。
 
いろいろ楽しみたいと思います。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です