【技】Windowsで搭載HDDが複数ある場合の容量確認コマンド

kooです。( ノ゚Д゚)ヨッ!
 
新年一発目のエントリーがこんな件名です。
 
今日は、タコパーで飲みつつ、
送ってもらったのですが、帰りの車中で搭載HDDの容量の話になったので、
自分のHDDの容量を調べてみました。
 
複数のDiskを搭載しているので、
搭載しているHDDごとに

fsutil volume diskfree c:

こんなコマンドで1ドライブずつ出すのは、面倒。
だからと言って、FOR文使ったBatch化するのももっと面倒
 
なので、こんなコマンドで一括取得します。
 

echo list volume | diskpart | find "NTFS"

これで、NTFSフォーマットなディスクは全部出ます。
exFATは出ません。
 

C:\WINDOWS\system32>echo list volume | diskpart | find "NTFS"
 
Volume 1 L WD10EALX NTFS シンプル 916 GB 正常
 
Volume 6 M Corega-RAID NTFS Partition 5588 GB 正常
 
Volume 8 C SamsungSSD NTFS Partition 931 GB 正常 ブート
 
Volume 13 D WD40EZRX NTFS Partition 3725 GB 正常
 
Volume 14 E WD30EZRX NTFS Partition 2794 GB 正常
 
Volume 15 G WD30EZRX-1T NTFS Partition 2794 GB 正常
 
Volume 16 J WD10EARX NTFS Partition 931 GB 正常
 
Volume 17 F WD20EARX NTFS Partition 1862 GB 正常 
 

こんな感じなので、合計すると
1T、6T、1T、4T、3T、3T、1T、2T

21TBのHDDを搭載しています。
 
これは、あくまでもメインのクライアントだけです。
 
このBlogを含む公開用のLinux鯖は、バックアップ含めて
全部で1TBのディスクを4本で大きくは4TB構成にして、仮想化しています。
さらに検証用のWindows Server 2012 R2が可動するラックサーバ 
05-01

こんなん があったりして、こいつは12TBの領域を独自に持っています。
 
私がいる居室の中だけで、Disk容量を計算すると
21TB + 4TB + 12TBで、37TBのディスクがあったりするわけです。
 
通電していないのも併せると、軽く40TBは超えることになりますねwwwww
(あほだ、俺)
 
さらに、明日4T増やそうなんて考えていたりします
※正確には増やすというよりも、1Tのディスクデータを引っ越しして、
 4Tに変更する。
ということです。
 
狙いは、

TOSHIBA製の4TB HDD MD04ACA400でし。
特価の日替わりで14000円で出るようなので、税を入れても、15120ですから、Amazonよりも安いですね。
 
ディスク容量自慢ではなく、
このエントリーはあくまでも、ディスク容量確認用コマンドの記事です。
 

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です